FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
『北斎展』へ 再び
チケット売り場世間の皆様方は汗水流して働いて「ベリービジー。ド畜生め!」なんてストレス溜めておいでであるというのに、私はといえば、2005年11月22日(火)、代休なんぞ取らせていただいて、「申し訳ない申し訳ない」って平身低頭、それはそれでストレスを溜めつつ、ゴートゥー上野、は、東京国立博物館、すなわち月曜日の借りを返すべく(月曜に行ったら休館だった)、再度『北斎展』。

平日だしぃ、空いてるやろ、って、チケット売り場に赴いたらば、なんですか、この人だかり、って、その殆どがお年召した方々。かっ、しもた、仕事から解放されたご老体は美術鑑賞とかして暇をつぶすんか、って、今後の高齢化社会への対応のひとつのヒントを得つつ、でもやっぱりゆっくりじっくり見たいなあ、って入館したら、一層の人、人、人。「混雑しているのでこちらの会場からご覧下さい」って、この展覧会は北斎のおよそ70年に渡る画業を第1期から6期までに分けて展示しているのだけど、順番に見ることすら適わぬ、第3期から案内され、こう、私はCDアルバムとかでも1曲目から順繰りに聴くのが好きであるよって第1期から見たかったのだけど、まあわがままは言うまい、って、人波をかき分けたり揉まれたりして鑑賞。

で、まあ、結構苦労して見たのだけれど、あっさりと感想を述べれば、「古くさいなあ、北斎」といった感じであり、江戸時代の人なのだから古くさかったり辛気くさかったりは当然なのだけど、それにプラスしてこたびは環境の問題もあって、環境って言うのはすなわち、周囲にご老体がたむろしておるわけで、つまるところおじいちゃん臭にあてられてしまい、いっそう古さが増して見える。薄い髪の毛がぺちゃりと貼り付いた、赤茶けた後頭部が必ずと言っていいほど視界に躍り込んでくるし。

北斎の描く波であったり、樹木であったりにフラクタルを見出したり、動物を描く上で大事なのは動きのディテールなのだろうなあ(鯉のひれのゆらめきようとか)と思うたり、鳥の目玉が意外と生気がないことを発見したり、と、収穫もあったけれど、やっぱり絵というのは広いスペースでゆったりと眺めやるのが良いのであって、次回北斎を見る際にはもっと地味なところで見よう、と決意、っていうか、北斎の作品って大概が版画なのであって、すなわち印刷物・量産品。別に書物で見るだけでも充分な気が致しもした。と、いう感想はアウラとか別にどうでもいい、そういう世代の特有の感覚なのだろうか、っていうところが若干気になったりも、する。


(アレクセイウエノフ)
[『北斎展』へ 再び]の続きを読む
スポンサーサイト
『北斎展』へ
日曜日、上野の東京国立博物館『北斎展』へ行ってきたらば、大盛況であって入場制限40分待ち。
「なんだなんだ、北斎人気だなあ、いつかとっちめてやる!」って思い、後日盗賊改メ方。
[『北斎展』へ]の続きを読む
『イサム・ノグチ展』へ
東京都現代美術館月曜日休館だった。


(アレクセイウエノフ)
[『イサム・ノグチ展』へ]の続きを読む
『スヌーピー ライフデザイン展』感想
スヌーピー展チケット芸術家とデザイナー、建築家、プラス各種ブランドの人たちがスヌーピーを題材に作品を発表、といった内容の展覧会であって、入り口付近の目立つ所に設置されている作品群は、基本的に決まった形のスヌーピー人形の表面をデコレートした物がメイン、で、んー、これは主催者側がそういう制限を持たせたんだろうけど、どうもそのせいで、どうしたって可愛らしさしか浮かばないスヌーピーの「形状」に引っ張られて、どれも芸術作品としてはいまいち底の浅い作品になってしまっているのが残念無念アイムソーリーってやつなのであり、見る側としてはほら、作家各人のエゴが前面に出まくっている作品を拝見したいのに、あくまで表層的なものしか見せぬという態度を取るのであれば、ええねん、それなら技術的な部分メインでミルミル、つって、そのようにして見れば、ウレタン塗料ってやつのツルピカ具合がかっこよくて比較的満足。

で、まあ、そのような見方にシフトしたうえで倉科昌高氏作品のウレタン塗料っぷりに感嘆、して、うしろを振り返れば、なんだか人だかり。チーム☆ラボのムービー作品『花紅(ハナハクレナイ)』が流れておったという塩梅であり、これが、3DCGで日本画をアニメーション化、その世界にスヌーピーを放り込むというやつで、くわあ、やられた、って、思わず2回、通して見てしまった感じ入ってしまった。日本画を動かす、といえば、結構前にNHKの大河ドラマ(タイトル失念)のオープニングでもやっており、そのときにも感動したのだけど、なんで日本画が動き出すとあんなに魅せられてしまうのかと、考えてみれば、日本画っていうのは多分にグラフィカルな絵であってどこまでも2Dの世界、と、捉えられがちだけど、それはかつての日本画家たちが単に西洋的な立体表現の術を持っていなかったから、結果的にそのようになっただけなのであって、求めるものは立体的なもの動的なものだったのだと思う、そうでなければあれだけ有機的な線が生まれるはずがなかった、と、思うのよ、で、だからこそ、いよいよ日本画が動き出すと、先人達の思いが遂げられたか!って感動するのだ、って、本当は先人達がどう思っていたかなんて知んない、私が動く日本画を見ると嬉しくなるのだ。ビバ!チーム☆ラボ。
まあ、やっぱりスヌーピーの扱いよりも、技術的な方向で感心しているが。

ほんで、当然他にも色々と見たわけですが、全体的に言って、スヌーピーの持つ「可愛らしさ」ばかりがフューチャーされており、スヌーピーって内容よく知らないけど、子供の頃見たアニメのイメージからすると、割と人を小馬鹿にしたような「毒」が大事なんでしょう?そこんとこを出してくれれば、単にカワイイカワイイ言いたい人以外も満足出来る展覧会になったのに、せっかくスヌーピーという目の付けどころは良かったのに、って、上から言うてみたりして。

とはいえウレタン塗料とチーム☆ラボという二つの大きな収穫を得ることが出来たので、星、みっつです!!(マチャアキの声で)

星7つで満点です。


(アレクセイウエノフ)
[『スヌーピー ライフデザイン展』感想]の続きを読む
天明屋尚展『分身』
FIFAアートポスター天明屋尚広げてにやついたり、丸めてほくそ笑んだりしてる。
何がっちゅうと、「FIFA WORLDCUP 2006 ドイツ大会」の公式アートポスター(日本代表)を手に入れたからなのであって、えーと、日本代表っていうのはつまり、ワールドカップのアートポスターって様々な国のバリエーションがあるわけであって、その、日本モデルの絵を描いたのが、天明屋尚氏なのであり、ファンたる私としては当然、近頃ミヅマアートギャラリーにて開催中の氏の個展『分身』に行ってきて、そんで、「来た・見た・買うた」なんつって、ホンマモンなんてとうてい買えぬよ、なので、つうか、むしろ、一番のお気に入谷の鬼子母神はそのポスターだったのであって、これはホラ、印刷物だから、量産品だから、安く買えるねん。5400円。氏の肉筆作品は、余裕で189万円とかするからね、お買い得。残念な点は、430円の筒が品切れだったのであって、やむをえぬ、むき出しで持って帰るかって思っておったところ、ギャラリーの人が気を利かせてFedEXの箱を持たせてくれたのであり、それってちょっと心躍る(FedEXのロゴかっこいい!)ことだったので、前言を撤回して残念どころかむしろラッキー。

って、作品の感想を述べておらぬ。
えとね、氏は変革期に入ったのだと思う。これまでの、ちょっと斜に構えて笑いを求めた作風から、一転、は、していないか、70度くらい変わったような塩梅で、ストーリー的な物をそぎ落として純粋に人間の肉体の美しさ、みた様なものを追い求めるようになってきたのではないか、と、推測する、っていうことを、ギャラリーにいたご本人に訊けば良かった、って思ったりもしたが、赤ん坊をあやして「子供は純粋だなあ。これから社会の毒にまみれていくのだなあ」という様な事を喋っておいでだったので、話しかけるタイミングを見失い、すたすたと退場。でも、ジャージ姿で子供に語りかける氏は微笑ましいなあと思ったので、良し。

ところで、作品タイトルに『幽波紋~スタンド~』って付けるところを見ると、氏はジョジョの奇妙な冒険が好きなのだろうと思う。


(アレクセイウエノフ)
[天明屋尚展『分身』]の続きを読む
デザインタイドに
あのね、私が日に何度も更新チェックをしているサイトであるところの「ヌ・ギッツィーニ」(日に何度も更新したりはしない)のニスィーベさんが、「デザインタイド」っていうイベントに参加するっていうんで、うひょーって思って、それのオフィーシャルなサイトをみたら、なんか、東京デザイナーズウィークとか東京デザイナーズブロックとかに似た感じのやつだなあって感じて、そういえば今年もそろそろウィークとかブロックとかの時期だなあって思い、そんで、調べてみたら、その、デザインタイドこそが、東京デザイナーズブロックの名称変更されたやつであったのであって、タハッ、そうだったのか、知らんやった、だまされた、って、意気消沈、は、別にしない。デザインタイド側も別にだまそうって気があったわけじゃないと思うし。そんなにわるいひとじゃないと思うよ。
ま、なんであれ、デザイン関連のイベントがきちんと定着するのはいい事だと思うので、いいと思う。なので今年は重い腰を上げて出かけてみようかと。出かけないかもしれないけれども。去年は見に行かなかったし。一昨年もちゃんと巡ったわけじゃないしぃ。それでも、毎年いちおう気にはしている。そういう、なんというかちょっと離れた所から眺める姿勢っていうのもありなんじゃないかと思う。私はデザイナーなのだけれども。


(アレクセイウエノフ)
[デザインタイドに]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。