FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
他人大事の考え
人という字は、人と人とが支え合って出来ている。
素晴らしい成り立ちだと思う。

そしてその、人は自分一人で立っているのではなくして、他人様がいるからこそ立っていられるのだという考え、デザイナーたる者、常に心にとどめておかなければならんことだと思う。
なぜならば、何かを生み出すという行為、それって一見するとまったく自分一人でやり遂げたかのようで格好いいけれど、以前にも述べたように実際の所は、過去の物事の組み合わせであって、すなわち他人様の知恵を拝借するという事なのであるわけ。
であれば、デザイナーが一等に考えるべき事は、アイデアの源を授けてくれた他人様に感謝の念を示す事であろう。で、どうすれば他人様にそこのところをお伝えできるのかを考えれば、答えはシンプルであって、他人様に喜んでいただける事をするということ。それには当然他人様が今、何を望んでいるかを知る事が大切な事となる。
で、まあ私の場合なんかは、そのへんの機微っちゅうか、他人様のお心に随分敏感になってきて。道を歩いていて、すれ違いざまに他人様二人連れがお笑いになっているのが分かったりする。たとえ笑い声を口に出さなくとも、そのお心の中で私を笑っているのが分かる。あるいは、電車に乗っていて、向こうの方にいらっしゃる他人様が私の方を見、私をお笑いになっているのが分かる。目を見れば分かる。家に帰ってからご家族に私の事をおもしろおかしくお話しようとお考えになっているのが分かる。
このように、ただ存在するだけで他人様に「面白さ」を提供することで喜んで頂けるようになってきた昨今の私であるが、問題もあって。それは、原因がさっぱり分からぬということ。

それさえ分かれば。

胸を張って生きてゆけるのに。

(アレクセイウエノフ)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://adg.blog1.fc2.com/tb.php/44-42aa7d13
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。